桜の開花と農繁期のはじまり

4月が近づき、春の作付も本格化してきました。 大根や葉物(小松菜、ミズナ、シュンギクなど)の播種や、ブロッコリー、キャベツなど の育苗・定植はすでにスタートし、これからはトマトやナス、ピーマンなど夏野菜の育苗が 忙しくなってきます。 畑ではマルチを張ってキャベツ・ブロッコリー・レタスなどの苗の定植や、インゲン、 トウモロコシなどの播種の準備です。 日も伸びてきたので1日の作業時間も長くなってきています。 見沼たんぼには見沼代用水沿いに桜の大回廊があって今週がちょうど見頃です。 この大回廊は、植樹運動によって昨年日本一の長さ(20km)になったそうです。 畑仕事をしながらお花見見物ができる今の季節が、見沼たんぼの1年で一番いい時期です。

続きを読む