端境期の小松菜

畑は春の端境期をむかえ、残っているアブラナ科の野菜
(大根、カブ、白菜、小松菜など)はすでにトウ立ちがはじまっています。

畑作業はトラクター耕耘や種まき、育苗などに移っていますが、今年は一番最後に播いた
小松菜の収穫が残っていました。

収穫風景。

P_20190314_093959.jpg

出荷したもの。

P_20190314_122244.jpg

しかし、この最後の小松菜ももう少しでトウ立ちがはじまってしまいます。

ここから春の野菜が出来てくる4月中ごろまでは、1年でもっとも野菜が少ない時期になります。

新しいシーズンにむけて種まきや育苗を頑張りたいと思います。


この記事へのコメント