野菜の豆知識レシピ

こんにちは。お久しぶりです。小芽です。 農園では、畑で収穫した野菜を宅配便でもお届けしています。そして、届いた野菜を使用しておすすめするレシピ用紙も添付しています。 今回はお届けしている野菜のレシピを参考に、私も実際に作ってみました。 こちらが実際に作りました料理。「とう立ち菜とからふとさけの炒め物」:小松菜のとう立ち菜と、缶詰として販売されているさけを使用しました。:とう立ち菜をさっと茹でて、フライパンに移しさけを一緒に炒めます(オリーブオイル使用)。そして、塩で味付けをして完成。 そしてこちらが、毎週出荷している野菜セット。宅配では、お届けした野菜について豆知識やレシピ紹介のご案内を一緒にお届けしています。また、お届けする野菜によって添付案内も変わります。ご案内を楽しみにしてくださっている方もいるので、嬉しいですね。農園のサイトからオンラインショップへアクセスできます。→(http://kobayashinouen.jp/index.htm)ご利用お待ちしております。 お読みいただき、ありがとうございました。 #さいたま市 #見沼 #野菜 #自然栽培 #無農薬 小 芽

続きを読む

ドローンと土壌調査

代表の小林です。 先日、ご縁あって東京農業大学の中塚博子助教とゼミの学生の方々によって当園の圃場で土壌調査がおこなわれました。 当日は中塚先生&ゼミの学生さんの他、先生のつながりで筑波から農研機構さんも来圃されて、ドローンの実飛行もおこなっていただきました。 まずはドローンの説明から。 ドローンは思ったより重量があり(バッテリーやカメラなどの機材のためのようです)ましたが、自動操縦で地表面の映像や温度を測定できるスグレモノです。 土壌の穴を掘る重労働は学生さん達の出番。交代しながら1メートルほどの深さまで掘りました。 地下水位が高い見沼たんぼでは、この日も1メートル掘らないうちに大量の地下水が湧いてきました。掘った穴の断面からはサンプルとして数か所の土を採取したり、特殊な溶液を使って地層の断面の様子を記録されたりしていました。 普段の畑に比べて大勢が集まりにぎやかな日でしたが、実物のドローンの飛行や本格的な土壌調査を見学することが出来、非常に有意義な日となりました。 中塚先生&ゼミの皆さん、農研機構の方々、大変お疲れさまでした。

続きを読む

大根が

こんにちは 今回から、畑で育つ野菜の豆知識も、少しずつ掲載していこうと思います。 最初は、大根についてお話していきます。 畑での収穫物は、こういう形状のもあります。 今にも歩きそうですね!そしてとても短いですね… この形状になってしまう原因としては、 1:土の中にある硬いもの(障害物など)があると、成長の過程で石にあたってしまい違う方面へ伸びてしまう。 2:常に水が近くにあるとそれ以上は根が伸びにくくなる。 …*また、2については、大根の畑が昨年10月の台風19号で浸水したことが影響していると思います。   (浸水後に表面の水がひいても、地下の水分が多かったためと考えられます。) =その結果、根は太いですが短いままで生長が止まり、割れやすくなります。 私も畑でのお手伝いを通して、初めてこうした形のものをみたので、驚きました。 今後も作業を通して、疑問に感じたことなどを皆様に少しずつですが、豆知識としてお伝えできればと思います。 お読みいただき、ありがとうございました。 それでは。 小 芽 #さいたま市 #自然栽培 #無農薬 #野菜 #さいたま見沼

続きを読む